糖質制限によるダイエット

これを読んでくださっている方の中には、一度はダイエットを試みたことがあるっていう方も多いと思います。しかしその中には「イマイチ効果がでなかった」「リバウンドで逆に太ってしまった」なんて方もいるのではないでしょうか。痩せたいのに痩せられない、、、辛いですよね。私も悲しいほど激太りしていたので、そういう方々の気持ちはよくわかります。(危うく体重が3桁になるところでした笑)そんな方々のために、自身の経験と合わせて少しずつダイエットや運動についてお話できればと思います。

 

そもそもダイエットとは、健康、美容、肥満の防止や解消を目的とした食事療法です。

健康を保つために行う、あるいは健康になるために行うということを決して忘れてはいけません!!!

 

ダイエットには、大きく分けて2種類あります。

「糖質制限によるダイエット」と「カロリー制限によるダイエット」です。巷で流行っているダイエットの多くは、このどちらかに当てはまります。

今回は、「糖質制限によるダイエット」について大まかに触れたいと思います。

※メカニズムを説明しだすと長くなるので、オススメのやり方や注意点について少しお話します。

 

「糖質制限によるダイエット」はその名の通り、1日に摂取する糖質の量を今までの食生活より大幅にカットするダイエットです。このとき、脂質は多少なら摂ってもよいとされています。※脂質の摂りすぎにはご注意を!

主に制限するものは、米、パン、麺類、飴、チョコレート、ジュースなどなど。

 

体型のビフォーアフターをCMで流して茶の間に衝撃を与えた○○ザップも、ダイエットの7割は食事管理とし、1日の糖質を60g以下と制限しているようです。ご飯1膳(150g)で糖質約55gなので、かなり厳しい制限ですね。

糖質制限には、短時間で効果がでやすいというメリットがあります。しかし、その一方でデメリットもいくつかあるので、きちんと知っておく必要があります。

それはやはり、ストレスが溜まりやすく、リバウンドしやすいということです。糖質が摂れないことに対して精神的ストレスが溜まり、ストレスが爆発したときにドカ食いをしてしまう、過度に行うと低血糖のような状態になり意識が朦朧とするなど。。。健康になるためのダイエットなのに、無理をして健康に悪影響を及ぼすなんて本末転倒です。( ノД`)シクシク…

 

そこで、できるだけストレスを少なく、糖質制限を長続きさせるための秘訣をいくつかご紹介します!

1.無理はしない(過度な糖質制限はしない)

過度な糖質制限は、どうしてもデメリットのほうが大きくなります。イライラするしフラフラするし、仕事や日常生活にも支障が出てしまいます。まずは、手軽に始められることから、少しずつ取り組みましょう。続けることが大事です!

例えば、夕食のお米だけは我慢する、毎食のご飯の量を半分にするなど。

 

2.制限より置き換えを意識する

「糖質を減らす=食事の量が減る」では、すぐに空腹になるし我慢できません。量はあまり変えずに食材を糖質オフの商品やGI値(食後の血糖値の上昇度)の低いもの、少しでも健康にプラスに作用するものに変えていきます。

例えば、白米の代わりにもち麦を食べる(白米に比べてGI値が低く食物繊維が豊富で腸の調子を整える)、麺類が食べたいならうどんやラーメンよりGI値の低いパスタやそばを選ぶ、どうしてもうどんが食べたくなったら糖質オフのうどん麺を使用するなど。

糖質は、健康を維持するためには必要な栄養素です。要は摂りすぎがよくないのです。

すぐにでも手軽に始められるダイエットですが、健康には十分注意してください!

北九州の給食会社と言えばMOSウイング!
病院・福祉施設・社員食堂など給食委託・請負は弊社におまかせ下さい!

株式会社MOSウイング
〒802-0053 福岡県北九州市小倉北区高坊2丁目9-25-2F
TEL 093-932-5508
ホームページ http://www.mos-wing.com/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)