MOSウイングは福岡県北九州市の給食会社です。福祉施設、医療機関、社員食堂、幼稚園、工場などの給食の委託・請負はMOSウイングにおまかせください!

スタッフブログ

Staff Blog

花嫁の憧れ ジューンブライド

福岡・北九州の給食会社 株式会社MOSウイング

福岡・北九州の給食会社 株式会社MOSウイング

ジューンブライドの起源・由来は?

6月も後半に差し掛かり、ここ北九州市は梅雨真っただ中です。この時季は雨が降ったり止んだりと天候の変化も激しいので、体調管理にはくれぐれもお気を付けください。

ジューンブライドはヨーロッパにおいて古くからある言い伝えで「6月に結婚した花嫁は幸せになれる」とされるもの。ジューンブライドの由来は様々ありますが、ローマ神話の主神・ユピテルの妻である女神「Juno(ユノ)」が基になっていることが最も有力な説とされています。

ジューンブライドはヨーロッパ生まれ

ジューンブライドはヨーロッパ生まれ

Juno(ユノ)は結婚や出産、育児の象徴であり、6月を守護する女神であることから、6月に結婚した花嫁はJuno(ユノ)の加護を受けて幸せになれると伝えられてきたのだとか。また、6月は日本では梅雨時季にあたりますが、ヨーロッパでは雨が少なく過ごしやすい気候だったことも手伝い、6月に結婚するカップルが多かったそうです。

どうやって日本で広がったの?

今でこそ「ジューンブライド」は馴染みのあるものですが、それまでの日本では、6月といえば雨が多く結婚式を挙げるには不向きだったため、ブライダル業界は苦戦を強いられていました。そこで、なんとかして6月に結婚式を挙げてもらおうと海外の様々な結婚事情を調べていくうちに「ジューンブライド」が目に留まり、「6月の花嫁は幸せになれる」というセオリーが全国に広まっていったそうです。ブライダル業界の策略とはいえ、様々な文化を積極的に受け入れてきた日本だからこそ広く認知されたのかもしれませんね。

日本でも広まったジューンブライド

日本でも広まったジューンブライド

今年は新型コロナの影響で結婚式を挙げることが難しい状況が続いていますが、この反動で「結婚式ラッシュ」がくることは間違いありません。この状況が一刻も早く昔話になることを祈って、まずはこのジメジメとした梅雨を明るく元気に乗り切っていきたいところです。

月別アーカイブ